スタッフブログ

祝優勝

香奈恵oec.jpgこんにちは。浅井です。だいぶ気温も下がり、紅葉シーズンですね。

 今月、黄檗台ジュニアOBの久見香奈恵選手(写真右)が、全日本選手権ダブルスで優勝しました(ペアは高畑寿弥選手)。全日本のタイトルを取れたことはほんとに良かったですし、テニス続けてよかったねと喜んでいました。しかも、先週行われたOEC WTA(台湾)で、初WTAタイトルを取りました。さらにダブルスに力を入れ、グランドスラム目指すようです。現在173位までランキングをあげてます。ダブルスの場合、グランドスラムで予選があるのはウィンブルドンだけで、カットラインも70位くらいということなので、もうひと頑張りですね。是非応援してあげてください。


 黄檗台に来ていただいてる方の中には、久見選手を知らない人も多くなってきたと思うので少し紹介しておきます。久見選手は、小学生から中学校を卒業するまで黄檗台で練習に励みました。ジュニア時代はRSKや全日本ジュニア14才以下等のタイトルをとりました。こちらはシングルスですね。高校は兵庫の園田学園高校に進学しましたが、高校卒業後は再び黄檗台を拠点にプロ選手としての生活をスタートをしました。その後2年ほどここで頑張りました。

 まあプロといえどもランキングを上げるまでは厳しい〜日々が続くわけです。何が厳しいかはいろいろあるとして。まず、高校卒業後にその活動をする決断は、覚悟がなければできません。そして、世界までの明確な道が有るわけではないので、どの道を行くのかも人それぞれです。夢は夢のままで終わることがほとんどの中、粘り強く頑張ってると思います。これから頑張っていく選手にも勇気と希望をくれます。

 テニスを始めたばかりのキッズ、これから試合に出始めるジュニア、すでにいろいろな試合で活躍しているジュニアまで、日々大所帯で活動してますが、皆に平等にチャンスは与えられます。素晴らしいことだと思います。頑張りましょう。

コメントする

PAGE TOP