カテゴリを追加

昔ながらの・・・

fuukei.jpg朝晩は寒いくらいになり、やっと秋らしく

なってきました。とは言え、日中はまだま

だ暑く水分補給はかかせません。

今でこそ科学的なコントロールで水分補

給はするようになりました。科学的でなく

ても最近は熱中症などの危険性がさけ

ばれるようになり、水分補給のとらえ方

自体が変わりました。

昔はといえばとんでもないことも多かっ

たですね。

今から30年近く前、私が小学生のときは、テニスはしておらず少年野球をしてました。野球の練習はとっ

ても長く、休日は夜明けから日が暮れるまでやります。子供の立場からすると、2,3時間で終わるうちの

ジュニアはうらやましいものだな。

一日の練習では、いかに上達するかということなどどうでもよく、いかに喉の渇きに耐えるかが重要課題

でした。なんといっても練習中の水分補給は禁止です。水が飲めるのは昼弁当を食べるときだけです。し

かもジャグなどありません。普通の水筒のみ。

あまりの喉の渇きで声を発することができなくなってきます。(野球ではしょっちゅう声をだします。試合の

ときは常に歌をうたいます・・・。経験者の方はどんな歌か分かるでしょう) なので、途中うがいをすること

は許されてました。しかし、勝手にうがいなどさせれば、待ってましたと水を飲むのは明白です。そのた

め、横でコーチに見張られます。口に含んだ水を吐き出しているかどうかをチェックするためです。

日常の練習なら家に帰ればいくらでも水は飲めますが、合宿になると地獄です。晩御飯のときでも食べ

終わるまで水分補給禁止です。食べ物を水で流しこむからということらしいですが。食べ終えた後も冷水

は体を冷やすからと温かいお茶二杯まで。なんとか合宿を終えた後、帰宅してからはダウン。病院に行く

と一言、脱水症状です、と告げられ・・・。今でも覚えてます。

昔は野球だけでなく水が飲めない部活も多かったのでしょう。弁護士の望月浩一郎氏によると、なんでも

日露戦争の時代、旧日本軍で「脱脂脱水による鍛錬」というものが行われ、のちの陸軍学校で「無水行軍

の研究」が行われたらしい。このとき「少量たりとも飲水するときはとかく意志薄弱となりやすきをもって、

最後まで一滴も飲水せざる固き決心を要求する」とされ、こうした歴史がベースとなり、「練習中に水を飲

んではならない」ということが、日本のスポーツ界では伝統的にいわれてきたということです。

水分補給に限ったことではありませんが、もちろん単なる経験主義で事を進めてはいけません。1度立

ち止まって考えてみることは必要であり、科学的データをもとに学ぶべきことはたくさんあるでしょう。昔か

らやってるからということももう1度考えてみようと思います。

                                                    clover浅井clover

1

随時募集!スクール体験・見学

お問合わせ・体験見学はこちら

アルバイト募集採用詳細はこちら

カテゴリー

宇治黄檗台テニスクラブ

電話番号
体験見学はこちら
0774-33-0111
FAX番号
0774-33-0596
アクセス
京都府宇治市
五ケ庄五雲峰5-27
営業時間
平日 10:00~21:30
土曜 8:00~21:30 日曜 8:00~21:00

PAGE TOP